So-net無料ブログ作成
検索選択

種について [自然農法、自然栽培]

種について

交配.jpg

野菜を多品種作られている農家さんの場合、種は主に近くのホームセンターなどで購入されているようです。(写真)
※除草剤や防除などもホームセンターのようです。
農協に出荷する単一作物を主に作られている農家さんは農協から購入するのかな(未確認)

現在使用されている種の種類(すべて品種に当てはまる)

  1. F1種・・・・・・・慣行農法
  2. 交配種・・・・・・慣行農法、有機農法
  3. 固定種・・・・・・有機農法(完熟堆肥系)、自然農法

上記、3つの表記があるようです。

F1種はアメリカの種メジャー、カーギル(おなじみ現在の世界皇帝ロックフェラー の会社、世界で一番偉いのはアメリカ大統領ではありません。ロックフェラーのおじいさんです。94歳)
http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&m=176105
上記に書いてあるように日本および世界の農業をむちゃくちゃにした会社です。
交配種はたぶん日本の種会社が作った種

F1種も交配種も2つの固定種を掛け合わせて作ります。
たとえば収量の多いダイコンの花と病気に強いダイコンの花を受粉させ両方の良い性格を受け継いだ種を取りそれを売る。
農家はこの種を使用することによって病気が防げ(100%はむり)収量はアップします。

なんだこれは素晴らしいことではないかとなりますが、大問題があります。

  1. 化学肥料を必要とする。(畑の土を種が育った環境にしなければ育たないため、F1種などを作る際に使用する化学肥料が必ず必要になる。F1種を作る畑と農家の畑を化学肥料を使い同じ土壌にするということ)
  2. 掛け合わせた種は、次の世代へ良い性格はメンゲルの法則で25%しか遺伝しません。 次の年も種を買い続けなければなりません。
  3. 1.2より毎年化学肥料を使用しなくてはならないため、やがて畑をダメにする。(連作が利かなくなるので何年間か休ませる)

固定種を使用する意味

農業は固定種を用いて、自家採取を行い翌年同じ畑で使用するのが当たり前でした。
それはなぜか?
種は自家採取を繰り返すことで、その土地にあった種へと進化していきます。


原理
たとえば東北地方の固定種を九州で使用する場合

  1. 1年目に種をまき作物がその土地に合わないため、収量が30%であった。(病気や虫などにもやられます)
  2. 2年目に1でとれた雀の涙ほどの種を播く(この種は九州の土地でも育つことのできる遺伝子を持つ種でこの土地の病気にも強い)
  3. 2で播いた種は1よりも多くの収量になる。
  4. 3年目は2年目で立派に元気よく育った種を播く

これを繰り返すことにより、その畑の土壌に合った病気に強く虫に強い種が出来上がっていきます。

自然栽培に取り組まれている元田さんが昨日のブロクで5年目にやっと虫がつかなくなったとの記事が出ています。
http://blue.ap.teacup.com/applet/motoda/20090916/archive

これは、自家採取を繰り返し土壌に合った種へと進化した結果です。
自然栽培では土壌の肥料成分を徹底的に抜きます。
おそらく土壌にはほとんど肥料らしきものは残っていない状況で、そのうち草すら生えない土壌になりつつあるのではないでしょうか。
虫が集まる原因は肥料であることが分かっていますので、肥料を5年かけて抜き、種を無肥料で育つように進化させれば、もはや農薬は必要なくなってきます。


※自然栽培と自然農法は無肥料無農薬ですが根本が違います。
http://hosome.blog.so-net.ne.jp/2009-08-30

こうやって結果が出ている農家さんを見ると、僕も自然栽培も挑戦してみたくなります。
50a以上管理しないと現在は農家にはなれませんので、30aを自然農法、20aを自然栽培にしようかな。[わーい(嬉しい顔)][わーい(嬉しい顔)]

あと、民主党の政策の一つに農家への所得個別補償制度は年間50万円以上の売上があった農家に対して、45万円補償するとのことみたいです。
たいへん素晴らしいことですね。
とりあえず農業を安心して行うことができるのではないでしょうか?
ただし、市に農家と認めてもらう必要がありますので、この辺を早く決着しないといけません。


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

nice! 0

コメント 2

甚六

初めまして。
大変意欲的でユニークなブログに見入ってます。
拙生もセカンドライフで自然栽培を試みて4年経ちますが、成果はイマイチです。
道楽半分なので焦らずにナニしてますが、次第に自分なりのノウハウも身に付き、いよいよ面白くなってきました。
かねてから関心のある貴重な情報も満載で感服してる次第です。
益々のご発展を期待いたします。

by 甚六 (2009-11-08 23:28) 

HOSOME

はじめまして甚六さん
どうもコメントありがとうございます。
すいません。毎日僕なりに考えて妄想を繰り広げているブログになってしまってます。(笑)
甚六さんは自然栽培歴4年ですか、すごいですね。大先輩ですね。
おっしゃる通り面白ければそれが一番だと思います。
僕も、自然栽培を知って農業が面白いものだと知りましたので、挑戦してみたいと思いいろいろと調べている状況です。
早く実践して楽しみたいですね。

ありがとうございます。どうぞこれからもご活躍ください。



by HOSOME (2009-11-09 21:22) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。