So-net無料ブログ作成
検索選択
就農準備 ブログトップ

ホームページを作成4 [就農準備]

ホームページを作成4

前回のホームページ作成3ではawaya農場のサイト管理について以下の結論に達しました。

----------------------前回の結論-------------------------------------

  1. ホームページ作成ツール DreamWaver・・・・・・・・・・・・・・・・・・無料
  2. ネットショップ作成ツール ECCUBE or oscommerce・・・・・・・0円
  3. レンタルサーバー     使えるネット(アドバンス)・・・・・・・・・・12,960円/年
  4. ドメイン維持管理      http://www.awayafarm.com 1,080円/年 
----------------------ここまで----------------------------------------


ということで、実際にレンタルサーバー使えるネットと契約してみました。(3か月無料だって)
ドメインについてはいろいろ悩んだんですが、http://www.awaya-farm.com にしました。[わーい(嬉しい顔)]

ちなみに上記アドレスをクリックすると仮のサイトが出てきます。
awaya農場のホームページはこれから制作に取り掛かる予定です。(まったく野菜がないんですけどね orz)

実際にレンタルサーバーと契約したのはいいのですが、設定にかなり苦労しました。
マニュアルがよくわからなく、サーバーの管理コンソール(こんなのがあるんだ!!)はアメリカの仕様らしく、
日本の感覚では通じない部分がありますので、もし使えるネットを借りる際は気を付けてください。
(わからないことがあればお教えします。[メール]
richard@awaya-farm.com (アワヤ)

あと、メールのアカウントを増やすのは非常に簡単です。(これは前職の経験が役に立ってます。ほとんど同じ)

それから、せっかくなのでブログをソネットからレンタルサーバへ引っ越しする予定です。(ソネットはやや重い)
http://awaya-farm.com/blog/
ちなみにもう稼働しています。[わーい(嬉しい顔)][わーい(嬉しい顔)]

ソフトはWordpress(無料)を使用しています。(使えるネット側のマニュアルがなく設定がよくわかりません。)
かなりカスタマイズができるらしく、いろいろなことができそうです。(アンケートとか)

ホームページの作成用には結局ホームページビルダー13を購入しました。

結局費用は以下になりました。

  1. ホームページ作成ツール ホームページビルダー13・・・・・・・・・15、226円
  2. ネットショップ作成ツール ECCUBE or oscommerce・・・・・・・0円
  3. レンタルサーバー     使えるネット(アドバンス)・・・・・・・・・・9,725円/年
  4. ドメイン維持管理      http://www.awaya-farm.com  94円/年 (キャンペーン中)

トータル 25,045円

ちょと金かけすぎたなー orz

実際ホームページビルダーあまり必要なかったかも orz

ということで、ホームページについてはこうご期待!!


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

新規就農問題2 [就農準備]

新規就農問題2

ずいぶん前にお知らせいたしましたが、10/23金曜日に山口市の農林振興課の方に新規就農の相談をしました。
9月末に、土地の取得について市の農業委員会に電話した際に、まずは市農林振興課を通してくださいとのことでしたので、アポを取ったところ、1か月以上先の10/23に来てくださいとのことでした。

その時のお話しだと50a以上農地がないと作物の販売はできないなどのお話で、他にもきっと何か知らない法律などあるのかなと思っていましたが、結論は、勝手にやってください!!でした。

さんざん待たしておいて、9月末にそんな内容なら電話で言えよと思いましたが、この一ヶ月間で自然農法についていろいろ学習でき、ハイブリッド理論など理詰めできましたのでそれは良しとしましょう。

ちなみに昨日の打ち合わせでは、ブログに書いてある内容をまとめてwordで新規就農計画書を作り、それを職員の方に見せたところ、良くできた内容だったのかほとんど突っ込まれることはなく、これだけ方針が決まっているのであればすぐにでもやってみたらとのお返事でした。[わーい(嬉しい顔)][わーい(嬉しい顔)]

ということで新規就農についての注意点は

  1. 畑50a以上必要というのは農業委員の投票権がもらえることや将来農地を取得する際に50a以上耕作していることが条件になるといった程度のお話でした。
  2. 農地取得は自分でやってください。市は関与しません
  3. 農地を借りた場合は、貸主と借主との合意書類を市の農業委員会に提出する必要がある。(これは1.についてのためで別に口約束でもOK)
  4. 出荷が始まった段階で青色申告をしたほうが良い(赤字の場合は翌年に繰り越せるため)
  5. 土地については農業委員さんに余っている土地を紹介してもらうのが良いみたいです。
  6. 何かわからないことがあれば市に相談してください。
  7. 新規就農支援金は失業保険受給者はもらえません。
ようは、土地を取得しさえすれば50a以下でも法律的な縛りはなく自由に作ってもOKということでした。

しかしまてよ、農業委員会に農家と認められなければならないとのネット上の情報は何だったの?ということになります。
ネット上では結構紛らわしい情報があふれているので、結局市に相談するしかないのでしょうね。

さあ、これでいよいよ土地を探し営農を開始する準備が整いました。
早速今日土地を探そうかなと思った矢先、昨日市役所でカゼをうつされたらしくて今日はダウンの一日でした。orz
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

ホームページを作成3 [就農準備]

ホームページを作成3

前回(ホームページを作成2)の結論として、 以下参照

-----------------------前回の結論-----------------------------------------------

  1. ホームページ作成ツール DreamWaver・・・・・・・・・・・・・・・・・・無料
  2. ネットショップ作成ツール ネットショップオーナ3・・・・・・・・・・・・・・25,800円
  3. レンタルサーバー     WebARENA SuiteX・・・・・・・・・・・・・23,760円/年
  4. ドメイン維持管理      http://www.awayanouen.com 3780円/年 
                         もしくは http://www.粟屋農園.jp            7560円/年[わーい(嬉しい顔)][わーい(嬉しい顔)]

    ホームページおよびwebインフラ初期費用
    トータル 約6万円ぐらい

-----------------------ここまで-----------------------------------------------

上記を考えましたが、さらに調べるうちに衝撃の事実が発覚しました。

  1. ネットショップ作成ツールについて

    ⇒ なんとただのツールがありました。

    1. ECCUBE
    2. oscommerce
    3. Zencart

      ※上記に対応したレンタルサーバーに限ります。

  2. ドメインについて

    .jp であれば日本語に対応できるため相手に覚えてもらいやすいアドレスであるため前回は

    http://www.粟屋農園.jp

    上記を考えましたが以下問題が発覚しました。

    1. 閲覧者が対応しているブラウザを使用している必要がある。
      (IEだとIE7以上)
    2. メールアドレスはいまだにアルファベットであるため、表記が複雑になってしまう。
    3. .jpの年間使用量は.comに比べ3倍高い
    4. 上記にこだわる場合はHPはhttp://www.粟屋農園.jp、E-mailアドレスは@awayanouen.comとマルチドメインで分けるしかないが、アドレスが2個になるため、相手は管理が大変になる。
    5. 将来世界へ進出した場合、当然漢字は不可

ということで、再度調査したところ、トータルで格安になるレンタルサーバーは
TSUKAERU.NETに決まりました。
[わーい(嬉しい顔)]

  1. ホームページ作成ツール DreamWaver・・・・・・・・・・・・・・・・・・無料
  2. ネットショップ作成ツール ECCUBE or oscommerce・・・・・・・0円
  3. レンタルサーバー     使えるネット(アドバンス)・・・・・・・・・・12,960円/年
  4. ドメイン維持管理      http://www.awayafarm.com 1,080円/年 

    ホームページおよびwebインフラ初期費用は
    なんと 約1.3万円ぐらい

前回の見積もりが6万円だったのでずいぶんお得になりました。
ホームページ作成ツールがずいぶん古くなっているので、ホームページビルダー13(1.8万円)でも買おうかな。

これぐらいの値段であればもう契約しても良いかもね[わーい(嬉しい顔)]

ドメインについて、awayafarm か awayanouen で悩むなぁ~
ちなみに 農園 を和英辞書で調べると Farm  Farm を英和辞書で調べると 農場  
なぜか一致しない。

まあ、農場のほうが意味的に規模がでかいので、将来大規模営農した場合を考え
農場=Farmがよいかもね。(ブログのタイトルも農場だし)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

ホームページを作成2 [就農準備]

ホームページを作成2

昨日に続きホームページの仕様を考えていました。
商品数が少なく、頻繁に売れるかはわからない状況で、高いお金出してレンタルサーバー上のショッピングカート(MakeShopなど)を借りるのは無謀ですね。
やはり、自分で作るのが、良いという結論に達しました。
そこで、ダヴィンチカートについて仕様を確認したところ、どうも使い勝手が悪い気がしてきました。

~理由~

  1. ホームページビルダーなどで商品ページを作成する必要がある
    (ダビンチカート以外のアプリを起動させる必要がある)
  2. 商品情報(画像など)データをホームページビルダーなどからダヴィンチカートへコピー(同期させる)必要がある。
  3. ダヴィンチカートで作成したデータ(カートタグ)をホームページビルダーへ張りつける必要がある

これはめんどくさいですね。[もうやだ~(悲しい顔)]

一方でネットショップオーナ3について調べてみました。
ホームページビルダーみたいなソフトかと思っていたらそうではなく、ショッピングサイト(カート付)HP専用作成ツールであることがわかりました。
プロモーションビデオ

これはものすごく簡単そうですね。しかも管理についてもものすごくわかりやすい[わーい(嬉しい顔)]
accessを知っている人ならすぐ使えるでしょう。
お試し版があるので試してみようと思います。
値段はダウンロード版で25800円

結局、MakeShopもネットショップオーナ3と同じような感じでページを作成するので、1年以上商品を売る場合はネットショップオーナ3がお得ということでしょう。

※結論、ネット販売に関してはネットショップオーナ3を使用することにします。
(もちろん作物が無事育ち商品ができてからね、来年からかな)

ということで、これを前提にレンタルするサーバーを考えないといけなくなりました。
ネットショップオーナ3に対応したサーバーでなくてはいけません。
※HPに動作確認済みレンタルサーバがあります。

上記を確認したところ、昨日の要件を満たすところは以下になりました。


WebARENA SuiteX

この会社だと、 ドメインに
http://www.粟屋農園.jp
が取得できるそうです。
NTT系なので、つぶれることもないでしょう。

あとASUKAも良いなぁと思いましたが、メーリングリスト数が多いということでWebARENA SuiteXに決まりですね。
それと、ドメインがhttp://www.粟屋農園.jpが取得できないみたいです。

ということで、ホームページの作成に必要な環境はほぼ決まりました。
ついでにいまキャンペン中だそうで、ネットショップオーナ3を購入してからWebARENA SuiteXへ申し込むとかなりお得になるそうです。

  1. ホームページ作成ツール DreamWaver・・・・・・・・・・・・・・・・・・無料
  2. ネットショップ作成ツール ネットショップオーナ3・・・・・・・・・・・・・・25,800円
  3. レンタルサーバー     WebARENA SuiteX・・・・・・・・・・・・・23,760円/年
  4. ドメイン維持管理      http://www.awayanouen.com 3780円/年 
                         もしくは http://www.粟屋農園.jp            7560円/年[わーい(嬉しい顔)][わーい(嬉しい顔)]

    ホームページおよびwebインフラ初期費用
    トータル 約6万円ぐらい
見積もりはでましてが、今すぐは導入しません!!(売るものがないので)
来年はこの条件よりは値段が下がってくるはずなのでまだ待ちで良いでしょう!!
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:仕事

ホームページを作成 [就農準備]

ホームページを作成

今や農業必須アイテムとなっているホームページをそろそろ立ち上げたいと思います。
作物が育ち、さあ売りましょうとなったときに商品を売り込むためのホームページがなければ、全く意味がありません。在庫の山です。(実際は地元のオーガニック店などに卸すと思います。)

口コミで地元の人に売るのもいいけど、せっかく流通インフラが整備されている日本であるので、できれば全国の人たちと仲良くなり商品を買ってもらうことを考えないと面白くないと思います。(実はこれが楽しみなのです。)
楽しみながら農業を行わないと、持続しないでしょうね。(きついだけの農業で終わってしまいます。)

ということで、ホームページ作成にあたり、検討が必要な項目というのを考えました。

  1. HTML、ショップを運営するためのアイテム(データベース、解析、ショッピングカート、など)

    1. ホームページ作成ソフト
      1. ホームページビルダー13+ダヴィンチカート2 3万円
      2. ネットショップ・オーナ3+ダヴィンチカート2 4万円
      3. 古いドリームウェーヴァー 無料

    2. レンタルサーバー側に用意されているMakeShopを使用する。
      年間の使用料が発生する  サーバー代+3万円/年 
      ※ 結構使われているみたいです。

    3. オリジナルのドメインの取得
      レンタルサーバーを申し組む際に、取得は可能です。

  2. レンタルサーバーのパフォーマンス

    1. 安いほうが良い http://server.1force.biz/server/wariyasu.shtml

    2. オリジナルのドメインを使用できる
      • ほとんどの業者はオリジナルドメインの取得できます

    3. 大容量のサーバーである必要はない
      • たいして商品はないので

    4. メールアカウント無制限がよい
      • 将来社員が数百人規模になることを想定しましょう。[わーい(嬉しい顔)]

    5. メーリングリストの数
      • 企画毎にターゲットとなる顧客が違うためにできれば複数のメーリングリストを使用できるレンタルサーバーがよい

    6. ホームページ作成ソフトを使用する場合、定番のダヴィンチカート2が使用できる環境か確認する必要がある。http://www.netdeoshigoto.com/cart/system/hosting_list.html

    7. MakeShop対応のサーバーだとHTMLの知識はほとんど必要ないけど、年間8万円ぐらいの費用がかかる。商品も少ないのでホームページ作成ソフトで自作のほうが安い(フリーソフトもあるようです。http://web-griffon.com/shoppingcart_free/

    8. 時間がなければ金出してMakeShopが間違いないでしょう。

  3. デザイン
    テンプレートでいいです。

  4. その他

    1. ホームページ作成については音楽活動を通して、自分のサイトを管理運営していた経験があるので、多少の知識はあります。

    2. お客さんとのコミュニケーションツールであるメールについては、こないだまで東京で働いていたIT職の管理運営していましたので、この辺の知識もばっちりです。

    3. プログラミングはVBAなら!!(エクセル得意だしマクロでオンライン株自動システムトレードなど作成できます。関係ないか)

    4. 問題はホームページのデザイン!!(こればっかりは[もうやだ~(悲しい顔)]

ということで、現在検討中なのは

  1. 今はまだ商品がないのでお金をかけてもしょうがない。
  2. 今は時間があるので自分で作成する余裕がある。
  3. 将来の商品の数自体は少ないため、フリーのショッピングレジで十分だと思う。
  4. 安いところと月契約にして、軌道に乗ったらでっかいところを考える
まずはサクラインターネットできまりかな!![わーい(嬉しい顔)][わーい(嬉しい顔)]
月500円 初期費用1000円 + ドメイン 1800円/年 
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

就農の相談3 [就農準備]

就農の相談3

ようやく市農業振興課の担当者から、10/19に新規就農相談のためお会いしましょうとの連絡がきました。ずいぶん時間がかかっている気がしますが、就農希望者がそんなに多いのでしょうか?(申し込んで1か月後です)
この話し合いでどんなことを話すのかはよく分かりませんが、新規に就農する場合は必ず通らなくてはならないようです。(この辺も聞いてみないとね)

さて、現在は着々と研修を行っている状況で、作業方法もかなりわかってきました。僕としてはすぐにでも自分で畑を持っていろいろ植えたい(実は種をすでに購入しています。http://noguchiseed.com/) 状況なのですが、勝手にそんなことをしていいのかわからない状況です。(きっと就農認定もらわないとだめなんでしょうね。)

まあ、すでに秋の種まきシーズンは終りに近いので、来年春からスタートになる気がしてきました。
このタイミングに向けて無理なく就農できるように相談してこようと思います。

相談内容は以下です。

  1. 就農時期・・・・・・・・・・・・・来年2月以降
  2. 作目・・・・・・・・・・・・・・・・・自然農法による野菜全般
  3. 機械の購入・・・・・・・・・・・中古軽トラック、鎌、くわ、トンボ、スコップ、(20万円ぐらい)
  4. 畑面積・・・・・・・・・・・・・・・1ha
  5. 販売数量・・・・・・・・・・・・・2万個(アイテム数)
  6. 所得目標・・・・・・・・・・・・・初年度200万~300万 次年度400万 3年目以降500万~
  7. 農業労働力・・・・・・・・・・・本人、猫2匹(ネズミ駆除)
  8. 研修先・・・・・・・・・・・・・・S師匠 (先進農家、有機農法、野菜全般、ゲリラ的に栽培)
                    自然農法、自然栽培のセミナーへ参加
  9. 研修内容
    1. 収穫
    2. 定植
    3. 圃場整備
    4. 水播き
    5. 種まき
    6. 苗づくり
    7. 荷造り
    8. 出荷
  10. その他・・・・・・・・・・・・・・永久的に使える農地(耕作放棄地)と家を貸してほしい。

こんな感じでの相談になるのでしょうかね

ちなみに以下を参照しています。
http://www.nrs.pref.yamaguchi.lg.jp/hp_open/a172000/00000015/ninteiyousiki.htm

あとは、民主党政権になってから、新規就農に関して何か補助がないのか、農協問題はどうなるの(農協への縛りがあるのとか)
2年間の補助金はどうなったのとか

以上かな[わーい(嬉しい顔)][わーい(嬉しい顔)]


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

新規就農問題 [就農準備]

新規就農問題

農村.jpg
ある過疎の村

本日、市の農業振興課の担当者から連絡がり、10月にお会いしたいとの連絡をいただいた。
新規就農についてご相談いただけるとのことであったので、いろいろ聞いてみたいと思います。
市の職員も県O氏からの依頼なので、親身に聞いてくれるでしょう!!

以下の内容はぜひ聞いてみたいですね。
2チャンネルより転記

農家認定を取得するのは私の地区では相等難しい

先月は一流商社から転職し、県の正式な農業研修を受けた40歳(転入者)が認定されなかった。
そんでから自動車メーカーの契約社員だった地区長のこせがれ42歳・・・
・・・農家に生まれただけでカイワレダイコンさえ育てたことの無いやつが 分家相続ということで
農家に認定されてる。

かのシェフは宝くじに当るくらいラッキーだったのではなかろうか。

所詮農地委員メンバーは皆膿家だし、そんな制度が残っているから若者が農業に
トライできないんだと思う。

転記終了

これが本当だとすると、もし新規就農計画書を出し、一年間どこか遠い地方で研修を受け、さあ農業ができると思ったところで地元の農業委員会が反対ということになったらどうなるの?
一体、今まで何人不合格だったのか。
就農サイトを見る限り全く書いてませんし、サイト見る限り誰でも就農できるようなこと書いてますしね!!

でも、今は民主党政権になったので、昔の自民党政治とは全く変わるはずなので、そんなには心配していません。[わーい(嬉しい顔)]
今できることは、師匠のところでしっかり研修して、どうやって利益につなげるかを勉強することだろう。まあ、税金のことやその他の農業以外についてもしかり。

ちなみにどこのサイトか忘れたけど、年間 農業人口が4000人減少に対して、新規就農者は144人、
この数字を見る限り今までは、増やす気0だったんでしょう!!

結局、戦後のGHQのころからアメリカ(デーヴィットロックフェラー)の意向でもって自民党を使い農業はつぶされてきましたから、このあたりを世の中の人が知るようにならないと、農業問題や食糧自給率などは良くならないのでしょうね!!
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/news/4453/1229484777/

今の農地法は昭和27年の法律だってさ[猫]

耕作放棄地1.jpg
こんなに広大な耕作放棄地があるのに利用できないなんて[もうやだ~(悲しい顔)]


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

就農の相談2 [就農準備]

就農の相談2

今日のawaya農園(候補地[わーい(嬉しい顔)]
候補地1.jpg

よく見ると夏草が枯れていました。
候補地2.jpg

今が絶好の種まきの時期です。
しかしこの土地には今のところ手が出せません。[もうやだ~(悲しい顔)]

ということで本日、就農に必要な新規就農計画書について、市農業振興課の担当者とお話できるようなアポ取りを県の農林振興公社の担当者(高校のクラスメイトO氏)にお願いし、市の担当者とお話できる状況となった。
(昨日は門前払いだったので、さすがは頼りになります。[わーい(嬉しい顔)]
あとは、熱い思いを担当者へ伝えればOKというところでしょう。

新規就農計画書 個別農家になるためにはこの計画書の提出が必要だとのこと。これがなければ作物の売買は法律で認められていません。免許みたいなものでしょうか。

しかし、民主党政権になってから農業政策はガラッと変わってしまうみたいなので、もう少し様子見したほういいのかなと正直思います。
今までの自民党政治ではややこしい手続きや制度のため、一般人の参入は難しい状況で、資金力、知識のない人は低賃金の農業法人に入るくらいしか方法がないように思えます。(こんなのは面白くないと思います。)
これでは農業をおこなおうとする若者は増えないでしょう。
新しい農政については民主党に期待しています。(個別所得補償最高)

なので、上記を含めて今度市の担当者と話してみよう!!


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

就農の相談 [就農準備]

就農の相談

今日は県の農林振興公社の担当者(高校のクラスメイト)からメール連絡があり農地を探すためのアドバイスをいただきました。
確認すると農業委員さんが地域ごとの農地農家を管理されているとのことでした。

農業委員

  1. 各地域の農家や農地を管理(すべてではない)されている人。
  2. 監督役所は農業委員会(市役所)。
  3. 市報に載っています。
  4. 地域の農家のまとめ役みたいな人らしいです。

ということで、熊坂地区は誰なのか農業委員会へ電話して教えていただきました。
ただし、農業を行うためには就農計画を出す必要があるみたいなことを言われ(ほんとは勝手に土地の交渉を行ってもいいみたいな感じではあったが、おそらく規則なのだろう)そこらへんを確認すべく農業振興課へ電話を廻された。

現在の法律で就農するには

  1. 市へ就農者の登録が必要
  2. 50a(5反)以上の土地を管理耕作しなければならない (自然農法の新規でそんなに管理できるかわかりません)
  3. 新規就農の助成金を取得する場合は新規就農計画書を農業振興課へ提出しなければならない
  4. まずは県の農林振興公社へ相談してください(結局ここで相談?もうしましたよ)

など、細かい規則があり、公を通してちょっと農地を借りて実験してみるわけにはいかないとのことでした。
ただ、直接農家へ交渉してお借りするのはどうでしょう?と質問すると、農林振興公社相談してくださいとのことでした。(え、また県に戻るの)

まあ、なんというか、僕のような新しい事例の場合は巻き取って確認してくれないみたいですね。(お役所対応あっちで聞いてください)
農家を増やすのが市や県の仕事でしょうと言いたいですが、民主党政権になって現在の自民党時代の農業政策は崩壊したようなので、(藤原直哉先生を参照)そのうちこの辺も改善して窓口の一本化をしてくれることでしょう。

とにかく公社だらけ窓口だらけ天下りだらけ。
自民党政治のつけですね、(農業利権)
さらにここへ相談すると農協も絡んできそう(農薬、化学肥料、農機具)
絶対自然農法のことは理解してもらえないことでしょう。

ということで、自分で見つけて土地の交渉をしないと始まらないような気がしました。
(一応今度相談してみますけどね)[わーい(嬉しい顔)][わーい(嬉しい顔)]

※千葉県の農協では自然栽培の野菜を積極的に取り扱うなど理解されているところもあるらしいので、山口もそうならいいなぁ


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事
就農準備 ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。