So-net無料ブログ作成
検索選択
エネルギー問題 ブログトップ

常温固体核融合2 [エネルギー問題]

常温固体核融合2

10/6荒田先生が発明された常温固体核融合の技術がイタリアローマの学会で世界的に発表されたそうです。
前回もお話ししましたがこれは人類が永久的に使用できるエネルギーなのです。

そんなバカな、農作業のしすぎで頭狂ったんじゃないのか?とおっしゃる方もいるかとは思いますがこれは事実なのです。
※仕組み等は前回を参照

人類はいままでエネルギーの取りあいで戦争を行ってきたといっても過言ではありませんが、この技術が実用化されれば、以下が不要になってきます。

  1. 各種発電所(火力、原子力、地熱、水力、など)
  2. 送電線(地方で発電した電力を都会へ送電するのにロスが発生しています。)
  3. ガソリン代
  4. 電気料金
  5. ガス料金
  6. アメリカの大量消費
  7. 戦争

上記がなくなり一家に一台固体核融合装置と重水素ボンベがあればOKということになります。
前回もお伝えしましたが原子力発電に比べ放射線、放射能は一切でず全く無害です。
重水素も安くてに入るそうです。

たび重なる工作員(石油で支配している世界権力)の妨害活動やメディア一切無視など全く表に出て来ることがなかった技術がついにメジャーデビューとなりました。
この件について、メディアからの情報はほとんどありませんので、詳細は分かりませんが、先生のサポート役であるリチャードコシミズ氏の動画から現在の状況を知ることができます。

状況は以下のようです。

  1. 世界的に認められ、本格的に中国が動き出した。
  2. なんとアメリカもほしがっている。(石油で支配している世界帝国)
  3. 上記はまずいので、リチャード氏が日本政府に以下を働きかけています。
    固体核融合は日本の技術する。
    これを東アジア共同体構想の核とし、各国の共同研究として平和的に利用するように働きかけを行う。
    (但し、アメリカはサブプライム恐慌の張本人なので除外、というか各国にまずあやまれ)

ということで、この技術が確立し、東アジア共同体が実現し、石油に頼らない強力な経済圏ができつつあります。
アジア各国は欧米の世界権力の連中にいいように食い物にされてきましたが、ここまでのようです。
世界を地球温暖化の原因が二酸化炭素であると洗脳し、石油の値段を釣り上げ世界を支配してきた世界権力の連中が没落する時がきたのです。

特に日本はすでに700兆円ぐらいのお金がアメリカに流れて行ったといわれています。
日本は800兆円の国債(借金)を発行し、アメリカに700兆円渡した(アメリカ国債を購入して一切売っていません)ということです。
さらに言えば日本人の貯金、財産がアメリカに流れたということです。

今後、ドル安がさらに進んでいき上記はどんどん目減りしていくでしょう。
つまりもうお金は戻ってきません。(アメリカは返す気ありません)
これが、植民地として現実です。
吸い取られてぼろぼろの状態です。
世界一の貿易黒字国なのに貧乏なのはこのためです。(日本国民よ早くみんな気づけ!!)

アメリカから独立するためには、この技術をきっかけに東アジア共同体を作るしかありません。
(アメリカに依存しない経済圏)

まずはこの技術を広げることが大切です。
以下要参照
http://dokuritsutou.heteml.jp/newversion/aratasensei.html


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

常温固体核融合 [エネルギー問題]

常温固体核融合

近年、地球温暖化が問題になっていますが本当でしょうか?
作物が育つ時期(特に稲作) がだんだんずれていることを考えるとそうなんだろうとは思います。

しかし、原因が二酸化炭素というのはどうもあやしいですね。むしろ気温が上昇したために海中に溶けていた二酸化炭素が大気中に気化しているのではないかと思います。

地球温暖化問題を声高に取り上げてきたのは、ヨーロッパの国々で、石油を大量に消費しすぎるから二酸化炭素が増えて地球が温暖化するため、代替クリーンエネルギーとして原発を導入しろと主張しています。
このため中国では原発を積極的に導入するような動きになっています。

しかし、原発のどこがクリーンエネルギー何だ!!と思われる方がいらっしゃるかと思いますが、そのとおりで、これらは原発利権を握っているヨーロッパの戦略であることが知られてきおり、長年、石油利権でぼろもうけしていたアメリカ(ロックフェラー)に対抗するための戦略だったようです。
メディアは一切このようなことには触れません。

石油を燃やせば二酸化炭素が放出され、温暖化につながらなくても、これ以上放出しないに越したことはなく、一方で原発は非常に危険で、使用はできれば避けたいところです。

ではどうすればよいのか?

第3のエネルギー

太陽熱や風力発電を考える方がいらっしゃいますが、実際は石油や原子力ほどの発電量をカバーすることは到底できません。

  1. 太陽電池について、
    1. 太陽電池作成時に電気を大量に使用する。
    2. 半永久的ではなく、徐々に発電効率は下がる。

  2. 風力発電について
    1. 騒音がひどいため近くの住民はノイローゼになるとのこと
    2. 風が吹かなきゃ意味がない
    3. メンテナンスがたいへん

結構問題があるのですが、これもなぜかメディアはあまり報道しません。
このままだと石油や原子力に頼っていかなくてはいけない状況が続いてしまいます。
ヨーロッパ、アメリカが当分もうかるだけです。

そこで、メディアが一切取り上げない本当の意味での第3のエネルギーが存在しています。
常温固体核融合

これこそが、半永久的な石油も原子力発電もいらないエネルギーなのです!!

20年前、僕が中学生のころに、科学雑誌のニュートンで試験管の中で核融合反応に成功との記事をみた記憶があるのですがそれ以降全く報道がありませんでした。嘘だったのかなと思いましたが実はひそかに研究が進んでいました。

大阪大学 荒田吉明 名誉教授 

原理は簡単で、密閉された箱の中にパラジウム合金のナノパウダーを充満させ、その中に重水素ガスを注入するだけで核融合反応が発生し、熱とヘリウムが出てきます。

主な特徴は以下です。

  1. 重水素を使用した核融合で反応による放射線は一切放出されません。
  2. パラジウム合金のナノパウダーを使用することによって反応速度が極めて遅いため爆発現象はない
  3. 重水素は海水中に無尽蔵にあるため半永久的に使用可能
  4. 重水素を取り出すのは容易である。
  5. 無害無尽蔵のエネルギーです。

これはノーベル賞100個以上の素晴らしい発明なのです。
人類は無尽蔵の究極の無害クリーンエネルギーを手に入れたのです。


しかし2008年5月にNHKなどの報道関係者を集めて公開実験を行い、世界中に知らせようとしましたが、たくさんの新聞テレビの記者が訪れたにもかかわらず、翌日この実験を報道したのは地方の新聞だけでほんの数行だけでした。
NHKなどは一切無視。

これは世界権力者(エネルギー支配者)たちがメディアを支配しているからです。
メディアは彼らが権力を維持するための都合のよい報道しかしません。

しかしどうやら近々全世界に発表されるとのことですので、期待しましょう。

http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/news/2092/1226647846/l50


エネルギー問題 ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。