So-net無料ブログ作成
検索選択
農業問題 ブログトップ

慣行農法の実態 [農業問題]

慣行農法の実態

大部分の国民はもうかる農業=大規模慣行農法と思っているようですが本当にそうでしょうか?

機械化することのメリットは以下です。

  1. 定植や除草作業など、中腰での作業が改善される
    (ナウエルナナなどものすごく楽そう)・・・・・・・・70万円
  2. ネギの土寄せなど力仕事が楽にスピーディーに行える
    (専用の機械を使う)・・・・・・・・・150万円
  3. 広大な面積を冷暖房付きのトラクターで耕耘できる。
  4. トマトや水耕栽培など適時に点滴管理(化学肥料)ができる。
    (おそらく見まわるだけでしょう)・・・・ハウスセットで何千万円
  5. 農協の指示通り作ればよい
    (農薬散布や病気情報など農協の指示に従って作らなければ買いとってもらえない)・・・・・農協の組合員になればよい(有料)

逆にデメリットは

  1. ものすごいお金がかかる。
    (タラクターが売れメーカーと仲介の農協は、うはうは)
  2. 大規模化して収益を上げなければならないため多収量を目指す必要がある。
    (農協は作物の値段のだいたい2割を手数料にしている)
  3. 投入する資材の金額が半端ではない(資材は農協から購入)
  4. 失敗は許されない(ローンや資材費など)
  5. 作物の単価は自然農法に比べると半分以下。

ということで、収益と農業本来の楽しみ(土を自ら耕す)を考えなければ理想的な感じですが、どう考えてもリスクが大きすぎます。しかし、大量生産し なくては作物の単価が安く収益はないため機械化は避けられません。デメリットの部分をみると慣行農法で儲かっているのはメーカーと農協です。(もちろん儲 かっている農家もいますが少数です。)

よくテレビで農業は大規模化しないと儲からないといいますが、大規模化して喜ぶのはスポーンサーのメーカーさんという裏事情があります。残念なこと に大部分の人は洗脳されていますので、儲けるためには大規模化しかないと思ってしまいます。(自然農法というやり方があるのにね)

ところで、同じ慣行農法で作られている中国産の安い野菜が輸入されていますが、これらは日本の商社が現地の低賃金の人たちに作らせています。中国は最近裕福になったでー”と、 銀座であほ買いする中国人の特集をテレビで行い中国=裕福という洗脳をしていますが、所詮はGDP一人あたりの年間所得は30万円ぐらい国なので、大部分 の人はまだ貧しくて農村部にいたっては年収がまだ10万円ぐらいのようです。なので商社が中国で作らせている野菜は本当に安くでき、そして日本に輸入され ますので、いくら日本で大規模に生産したところでも勝ち目はありません。
(大規模慣行農法を推奨していた自民党は何を考えてるんでしょうか?メーカーは儲かりますが農家は疲弊するだけです。)

日本産が勝つには方法はひとつ、付加価値の高い日本人ならではの有機農法、自然農法でしか儲かる道はないと思います。[わーい(嬉しい顔)]

ということで、結局は中国産に勝つために農業は大規模な慣行農法しか儲からないよと官民そろって国民を洗脳しておいて、ローンを組んだ農家が疲弊 し、メーカーと農協が収益を上げさらに商社も安さで儲かり、メーカー、農協、商社の票が自民党にはいるという構図になっていたような気がします。
ローンを組んで支払いに苦しむ農家は兼業してまでローンを払うはめになり、何のために農業をやっているのかわからない感じになっているのではないのでしょうか?
まあ、民主党政権になり農政はガラッと変わりますが、それでも慣行農法は難しいように思えます。(日本の商社はけしからん)
粟屋農場


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

民主党へ提案 [農業問題]

民主党へ提案

自然農を志す者にとって耕作放棄地は宝の山との認識ですが、自然農を知らない人にとっては、厄介な存在のようです。
僕自身も自然農を知るまでは、耕作放棄地は以下の概念がありました。

  1. 一度荒廃すると元に戻すのに多大な労力が必要になる。
  2. 耕作放棄地には害虫がうようよ住んでいて、田畑への供給源になっている。 
  3. 食糧自給率の低下につながる。
  4. 農業人口の高齢化に伴う現象である。
  5. 耕作放棄地など余っている土地がたくさんある一方で、農業予算で農業と関係のない諫早湾を埋め立て、農地を拡大させることはたいへん腹立たしい!!

とまあ、こんなところでしょうか。(ここにもそんなようなことが書いてあります

 ところで、ネットのニュースで事業仕けの対象に耕作放棄地再生利用緊急対策が含まれているとのことでした。

そこで耕作放棄地再生利用緊急対策ってなんだろうと確認したところ、耕作放棄地を国がお金を出すから、とにかく耕せとのことらしいです。(結論が全く分からない内容です)

まあ、これが決まったのは自民党時代なのですが、仕事のない土建業者に生産はしなくてもいいから耕作放棄地を耕せばお金を出しますよ、といったところなんだと思います。

とりあえず中止になりそうなので、宝の山(耕作放棄地)の破壊はほとんど行われずに済みそうです。

農業問題で一番やらなければならないことは、生産物を国が補助金で買いあげることだと思います。
実はアメリカは自国の生産の作物を国が補助しているとのことです。
(福岡正信先生 無Ⅲより 30年前の話で今はどうだか)
そして、安値で日本に毒塗オレンジを輸出しています。

上記を考えると、自民党は農家へ直接お金をあげずに諫早湾を干拓して、漁業を破壊し、農業も衰退させ、食糧自給率をさげ、そしてアメリカ様から食糧を輸入するような環境を作っていたとしか思えません。

これから民主党に変わり農業政策も大きく変わるようですが、耕作放棄地をこれから使用する就農者には是非とも助成金を出してほしいです。

こうすれば自然農の農家が増え、化学物質0の作物を国民が食べるようになり、病気(癌など)、アレルギーが減り、医療費も減り、国家財政も潤い、良いことだらけです。[わーい(嬉しい顔)][わーい(嬉しい顔)]

ということで、明日は財団法人やまぐち農林振興公社 担い手支援部 定住就業支援課 主催の就農ツアーがあるので、ここの担当者のO氏(高校の同級生)に耕作放棄地再生利用緊急対策について確認することにしましょう!!

粟屋農場では現在耕作放棄地をさがしていますので、もしかしたら何か良いことがあるかもしれません。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

リスクは最小限に!! [農業問題]

リスクは最小限に!!

自民党政権が没落して少なくとも庶民のための政治を行い始めた民主党政権になりましたので、過去の自民党政治における農業利権についてお話しします。

本を読みあさりインターネットを毎日見ていた結果、みなさんだいたいおわかりになられているかと思いますが、新規就農予算を決めている自民と役所と農協の関係はだいたい以下のような関係だったようです。

  1. 政府農業予算(自民党) ⇒ 県の農業振興公社(天下り) ⇒ 農協(天下り) ⇒ 新規就農者(月15万円)
  2. 農協 ⇒ 自民党(票をもらう)
  3. 新規就農に際しては農協の意向に沿う必要がある。
    1. 病気、害虫駆除、除草の農薬散布は県の指導者もしくは農協の指示に従わなければならない
    2. そのための農薬を農協から買う
    3. 農協の指示に従わなければ、買い取ってもらえない(もしくは捨て値で買いたたかれる)
    4. 慣行農法しか認めない(農薬を買わせて設けるため?)
  4. もちろんうまくいっている大規模農家さんもいらっしゃいますが土地などの条件が良いのでしょう。
  5. 新規ではなかなか良い土地はてに入らないようです。
  6. 金を貸して、高価な機材を買わされる

    ※経済学や裏の事情などから推察すると上記のような関係に考えられます。(僕の推測なので話半分できいてね!!)
ということで、新規助成制度を利用するお金はもらえますが以後は農協とお付き合いする必要性がありそうです。
将来の生活は農協が握っているともいえます。

今研修先の地元の元農家さんとお話しすると農業はやめとけとうんざりした感じで言います。
上記のようなことで、農協は農家へ寄生しているものと思います。
つまり、出荷先が農協だけなので、農協のさじ加減で買い取るか買いとらないかが決まってしまい隷属関係となってしまいます。

また、山口県にいながら栃木や群馬などのキャベツを食べるのはおかしな話で、これは時期ごとに産地をあらかじめ競合しないように決めて生産させているからなのですが、農家を大規模にさせ、規模拡大のために無理やり融資して機材を購入させることが目的なのではないのでしょうか?
(大規模化に失敗した農家さんは廃業になります。農協は痛くもかゆくもありません)

※但しこれは過去のことで、現在は商社などが中国から安い野菜を輸入しているため、値崩れして利益が出ないこともあるようです。中国の農業も基本的に慣行農法です。それだったら安いほうを選ぶのでしょう。

新規就農助成制度などをあてにして、今の仕事がいやで何も調べずに新規参入を夢見ている方が多いようですが、今は政権が民主党なので、今後どうなるかは正直わかりませんが、農協のお世話になると、農薬を買わされたり、化学肥料を買わされたり、金を貸し付けられ高価な機材、施設等を先行投資させられ逃げられなくなり、残ったものは借金だけといったこともありえますので、助成制度をあきらめ(民主党はやっているのかなぁ?)できれば農協に頼らないリスクを取らないでもよい方法を十分に考えてから参入したほうが良いのでしょう。
(いろんな本や農家のお話より)

まあ、農協の方とお話ししたことは一度もないので何とも言えませんが、今までの歴史(福岡さんの自然農を他の農家に奨励したら農協が儲からなくなると農協が拒否したお話し:昭和40年代のこと)を客観的にみて、上記のようになっていると思います。

ちなみに僕の場合は農協、機材を全く必要としない不耕機栽培で勝負します。(作物ができない可能性もありますが、投資資金は極端に小さいため、痛くもかゆくもありません。[わーい(嬉しい顔)][わーい(嬉しい顔)]

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

新規就農(自然栽培、自然農法)について [農業問題]

新規就農(自然栽培、自然農法)について

 いよいよ小泉竹中インチキ郵政改革の清算日が近づいてきました。麻生総理の解散後40日間はあっという間で、日に日に民主党が有利な状況(メディアが有利だった状況を隠していたのではじめから有利だったんでしょう)が明らかになりました。戦後60年間自民党が行ってきた政治はどう考えてもアメリカへ貢ぐ政策だったため、それに気がついた民衆たちの怒りが爆発するという状況なのでしょう。

では農業についてはどうだったのでしょうか?
やはり60年間アメリカへ貢いでいたことがよくわかります。

  1. 農薬の使用     (おもにアメリカから輸入
  2. 化学肥料の使用  (おもにアメリカから輸入)
  3. 種           (おもにアメリカから輸入)
  4. パン食を促進し米作を衰退  (小麦をアメリカから輸入)
  5. 肉食推進            (飼料をアメリカから輸入)
  6. 自民党の愚策により農業自体衰退 (アメリカから防腐剤付きの野菜を輸入)
  7. 狂牛病の牛肉を輸入 (アメリカの犬小泉が独断で無理やり輸入)  
  8. 農林中央銀行のサブプライム投資失敗 (10兆円穴があいたとのこと)
いや~考えれば考えるほどいっぱい出てきます。

おそらく現在農家が疲弊している原因は本来もらうべきお金を間接的に抜き取られてしまっている状況なのでしょう。
これを解決するには、自然栽培、自然農法、もしくは民主党の農業政策ということでしょうね。

ではわれわれお金がない人間が自然栽培で新規就農する場合どうしたらよいか?

  1. 実際大多数の農業関係者は何らかの形で洗脳されていますので、農薬や化学肥料を捨てることがすでにできなくなっています。(無肥料、無農薬でも育つのに)
  2. 行政窓口にもちょっと首を突っ込んできましたけどだめです洗脳されています。何かあったら口ぐちに、土壌消毒、防除、そういうものだと思っています。
  3. JAは農薬や化学肥料で食べていますので論外です。
結局、行政等は現状頼れないので、自分で土地を探し栽培していくしか方法がなさそうです。
(これだととても農業で食っていける状況にはなりそうもありません。兼業するか民主党頼み[もうやだ~(悲しい顔)]

あと可能性があるとしたら、行政の考え方を変えること。
県の農業職員に高校の同級生がいまして、熱く農業について語り合った中なので、その男にがんばってもらい、上の人間を動かすことでリスクなしに参入できるかもしれません(無理か[ふらふら]

藤原直哉先生曰く、次の時代(民主党政権以降)横の連携で乱世を克服するとのことですので、いろんな人たちを巻き込んで協力し合うしか道は開けないでしょう。
http://www.fujiwaraoffice.co.jp/
農業問題 ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。